虫歯予防について

歯科医院で虫歯の治療をしたことはありますか?
小さい頃から歯みがきはしていませんでしたか?
寝る前に「歯みがきしたかぁ?」、学校で「歯みがきしてきたかぁ?」って言われませんでしたか?

そして、歯みがき指導を受けたり、フッ素の塗布を受けたり。でも、それでも虫歯になって治療をしたのですよね?...ということは「歯みがきでは虫歯を予防できなかった」ということではないでしょうか。

<日本では>
12歳の平均虫歯本数:2本
20歳の平均虫歯本数:10本近く
<北欧では>
12歳の平均虫歯本数:1本以下
20歳の平均虫歯本数:3~4本

歯の質?食べ物?歯みがきのしかたが違うからでしょうか?

歯自体の強化がより重要です先進国では、衛生士が行うPMTC(歯の成分のハイドロキシアパタイトを利用して歯質の強化を図ること)で、虫歯予防を行っています。

とよしま白い歯クリニックのPMTCはこちら

先進国では歯科医院の利用の仕方が大きく異なります歯自体の強化がより重要です日本では、歯科検診で虫歯が見つかるか、痛くならないと歯科医院には行きません。ところがほかの先進国では、普段から定期的に歯科医院へ通い、フッ素で歯質を強化することを柱に虫歯予防を行っています。つまり、新たに虫歯ができていないか、経過観察中の虫歯は治療が必要な段階まで進行していないかの確認のために歯科医院にかかっているのです。

※歯周病についても同様です。定期的に通って正しい歯みがき指導を受けるとともに、歯みがきだけでは取れない歯垢を衛生士に取ってもらうなどの処置を受けています。

当然、ほとんどの場合、治療は必要なく、予防処置だけで終わります。歯を削らないので、痛いことをするどころか、逆にお口の中をきれいにしてくれるので「歯科医院は快適なところ」となるのです。

日本人は年をとると歯がなくなるのはなぜ?歯科医師に聞いても、一般の方に聞いても、答えはほぼ「歯周病」。果たしてそうでしょうか?私は、以下のことを繰り返した末に抜歯となり、歯を失っているのだと思っています。

・日本では虫歯予防をしないため、簡単に虫歯ができる
・一度虫歯になって削った歯は元どおりにはならない
・何年かすると、治療した歯がまた虫歯になる

虫歯予防は、今まで常識と思っていたことが非常識
早期発見・早期治療は過去の話。今では早期発見・長期観察が正しいのです。

まとめ
・虫歯は、治療よりも予防を心がける
・虫歯予防はフッ素(歯みがきではない)。さらに一番よいのはPMTC
・虫歯になってやむなく削らなくてはならないときでも、削るのは最小限にしてもらう
・虫歯(歯周病)予防に熱心な歯科医師、衛生士のいる歯科医院へ行く

お気軽にお問合せください

お問合せ