歯を失ったときに聞く話

虫歯の治療で詰めたり被せたりした歯は、それで治って以前の健康な歯と同じようになったと思っていませんか?毎日使っているうちに、詰め物や金属と歯の間に小さなすき間ができます。そのすき間にばい菌が入り込み、せっかく治療した歯の詰め物のつなぎ目からまた虫歯になってしまいます。

その後虫歯が進行し、歯の神経(歯髄)を取ることに。神経を取った歯は、木で言えば「枯れ木」のようなもの。弾力を失った歯に強い力がかかると、ポキリと折れてしまいます。こうして大切な1本の歯を失います。

「歯が1本くらい抜けても大丈夫」これは大間違いです。歯を抜きっぱなしにするのは一番よくないことだと覚えておいてください。

<抜けた歯をそのままにすると...>
・両隣の歯が傾いて倒れこみ、その歯の寿命が短くなる
・反対側の歯を酷使するため、反対側の歯の寿命が短くなる
・噛み合う歯がないため相手の歯が伸びてきて、その歯がダメになりやすくなる

歯が抜けたときの治療方法の選択で、その後のすべてが決まる歯が抜けた、歯を抜いたあとの治療方法には3種類あります。

●ブリッジ
失った歯の両隣の歯を削って土台をつくり、その上になくなった歯の部分を含めた人工の歯を装着します。両隣の歯で支えるため、支える歯(支台歯)に負担がかかり、支える歯の寿命が短くなります。その結果、通常7年で約半分のブリッジがダメになります。

●入れ歯
入れ歯はバネをかける歯に負担がかかり、バネをかける歯の寿命が短くなります。また、入れ歯は歯ぐきで噛むため、入れ歯の床(ピンクのプラスチック部分)の下の歯ぐきを支える中の骨(顎骨と歯槽骨)をすり減らします。通常2年で入れ歯はダメになります。

●インプラント
インプラントインプラントは、失った歯の部分のあごの骨に人工の歯根を埋める処理です。インプラント歯周炎になりさえしなければ、半永久的に使えます。

インプラントは高価な治療です。私自身、患者さんに勧めてよいか迷った時期もありました。しかし、日本歯科大新潟病院インプラントセンター長の廣安准教授と知り合い、廣安先生が治療した患者さんの晴れやかな笑顔を見て、考えが変わりました。今では自信をもって、歯を失ったすべての人にインプラントを推奨しています。

とよしま白い歯クリニックのインプラントをバックアップする日本歯科大インプラントセンターは、サイナスリフト、歯槽骨拡張等、難症例の手術で全国有数の実績を誇っています。

とよしま白い歯クリニックのインプラント治療はこちら

インプラントをダメにする歯周病歯周病は、歯をみがいて定期的に歯石を取れば治ると思っていませんか?今現在、歯周病の治療として画期的で最も効果のある方法は、歯周内科療法といって、薬を使って歯周病の原因菌とカビを除菌する治療と、より安全なPOIC水を使った治療です。

また、現在手術以外で唯一増骨が期待できると注目されている非接触高周波治療および光殺菌治療も先端治療として実績を上げています。とよしま歯科医院でも、このような歯周病の先端治療に取り組んでいます。

お気軽にお問合せください

お問合せ